用語のご説明

永代供養

本来は、子々孫々の代まで先祖を祀り供養する宗教行為をさしますが、現代では多くが墓園業者や寺院の営業用語として使われることが多いです。広告に永代供養を謳うものが多いですが、「永代」という言葉の使用による誤解からトラブルが多いです。実際には10回忌、30回忌や50回忌までといった内規がある場合が多く、言葉どおり「永代」でない点に注意が必要です。この場合、永代は「永久」を指すのでなく、「永い代」と解釈した方がいいと思います。また、霊園の倒産、寺院の廃寺などによりこの「永代」も保証されるわけではもちろんございません。

Copyright (c) 納骨堂サポートセンター All Rights Reserved